• 03-3915-2408
  • 美容室がるぼアキレイ 〒114-0015 東京都北区中里2-4-5

洗髪される側の気持ちになって!!

洗髪される側の気持ちになって!!
今までの洗髪方法(シャンプー)を少し変えるだけで高齢者・障がいのある方・病気の方・妊婦さんに優しく心地よく感じて頂けます。
その前に
健常者(皆さん)の洗髪方法を再現して見ましょう
入浴時の洗髪
立ったまま洗うか座椅子(風呂椅子)に座って洗います。
①ほとんどの方は髪を洗う時、シャワーで軽く流して(髪を濡らす)からスタートします。
②そこにシャンプーの原液を手に取って頭皮と髪を洗います。
③2~3分洗ったらシャワーで流します。
④一度洗いの方はこの後リンスしてすすぎ タオル拭いてドライヤーで乾かし終了です。
⑤ 二度洗いの時はシャワーで流し、もう一度シャンプー剤を手に取り、洗って流します。
この後リンスしてすすぎ タオル拭いてドライヤーで乾かし終了です。

洗面台で洗髪する時
①シャワーを出し腰を曲げ、髪を濡らします。
②シャンプーの原液を手に取って頭皮と髪を洗います。 
泡が飛び散らない様に洗面台に顔を向けた姿勢で 腰は曲げたまま
④毎日洗髪される方は一度洗い この後リンスしてすすぎ。タオル拭いてドライヤーで乾かし終了。
健常者の方は腰への負担を意識せず日常のこととして生活しています。

出産間近かの妊婦さんは洗面台での洗髪時に腰への負担を感じているとの声があります。

高齢者・障がいのある方・病気の方の頭髪をご家族が洗ってあげる場合はどうしているのでしょうか?
衣服を着たまま洗髪される時は洗面台の前で腰を曲げ、両手を自身の膝にあて体を支えてから顔を洗面台へ 
①家族の方が側面に立ちシャワーをかけ、一度流した後に洗髪をします。
②顔にシャワーのお湯や洗剤が流れ附くため、息を止める場面もあります。
③洗われているときに頭が揺れることも苦痛の一つです。
④早く洗って、早く終わることが・・・・お互いの腰への負担を少なくします。
団塊世代の高齢化により今後この様な場面が多く想定されますね。

今までの洗髪方法(シャンプー)を少し変えるだけで高齢者・障がいのある方・病気の方・妊婦さんに優しく心地よく感じて頂けます。


流れ落ちないシャンプー剤は酸性タイプです。

笑顔にできる洗髪セットを使って
何時も腰掛けている椅子やソファーに座ったまま洗髪をします。

肩に後からバスタオルを掛けてから始めます
今回のテーマは
“早く 優しく 心地よく”

高齢者や障がい者 病気の方の立場に立って洗髪の最初から最後までをセクションごとに分けて。余計な事は省き 順番を入れ替えて効率を上げ、負担が少なく“早く 優しく 心地よく”を提供させていたします。
①頭皮頭髪にブラシを軽く掛けて整える
②クレンジングゲル約10gを頭皮全体に塗布(付ける)してから両手の指先 掌で頭を包み込むようにマッサージをします。
掌のぬくもりで頭皮に浸透して、汚れや余分な皮脂が浮き、取れやすくなります。
③流れ落ちないシャンプー剤を15~20ccをスプレーナー容器に入れ、20~30ccのお湯を追加して混ぜます。
④ ②の状態の頭皮にスプレーナーで希釈シャンプー液を塗布(地肌に吹きかける)しながら片手の掌で優しく揉みこむように泡立てます。
顔の周りは泡立つ前の液がこぼれないように注意して!!
⑤泡立てが終わったら真後に立って両手の掌、指さきで頭を包み込むように左右対称に動かし、マッサージの感覚で洗髪します。
ここまでに掛る時間は5分程度です。この時、頭皮頭髪にはキメ細かな泡が残ります。
⑥この泡を流すためにお風呂場や洗面台へ移動して前屈みの姿勢でシャワーを使用して流します。
衣服が濡れることなく行えるので寒い冬場でも大丈夫です。3分程度で終わります。

今回のテーマは
早く 優しく 気持ちよく
高齢者や障がい者 病気の方の立場に立って
今迄の習慣や やり方を変える事はたいへんなことですが
洗われる側 洗う側の負担を少しでも軽減できれば幸いです。

DVDを3回見て頂ければご理解いただきy路混んで頂けると考えています・

高齢者 障がいのある方 病気療養中の方 出産前の妊婦さんに負担を掛けない洗髪方法のDVDを作りたい
是非皆様のご協力をお願い致します🤲
https://readyfor.jp/projects/httpwwwakireycom
出来れば友人 知人様へ拡散して頂ければ幸いです(^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.