在宅訪問カットに伺いました。

☆平成29年11月7日高齢社会の訪問理美容実技実践講習会開催のご案内 

変更のお知らせ今後の訪問理美容に欠かせない施術は何?

 

梅雨とはいえ猛暑と感じる昨日今日!!

ト○ギ介護サービス様の依頼で在宅訪問カットに伺いました。

午後2時半のお約束

訪問先は我が店よりバイクで10分の場所

ネットで地図を検索携帯ナビを活用すると案内してくれます

近くまではすぐに到着しますが そこから先の個人宅を探すのも結構大変です。

ゆとりを持って出かけましょう

ケアマネさんからは電話での依頼でした

「2年ほど髪を切っていませんのでだいぶ伸びています。以前カットした時に刈上げにされたのがイヤでそのままにしています。これから暑くなるのでようやく決心したようです。切る前にお話聞いてあげてくださいね。」

80歳後半のお客様 お一人暮らしで部屋の中は何とか動き回れるが外出は介助が必要です。

訪問して チャイムを鳴らすと玄関の鍵をあけてくれました。

「ト○ギ介護サービス様から連絡を頂き訪問カットに参りましたました帆足です」と挨拶

部屋に案内され「どこでしますか?」と聞かれた。

「このテーブルを動かして宜しければここ致しましょうか?」

2畳ほどを確保 床シート(ホテル用シャワーカーテン…防水・静電気防止)を敷き 楽ラク訪問チェアーをセット

「椅子まで持って来きてくれたの?」と嬉しい驚きの声

「やわらかくて腰にやさしいので楽ですよ」と手を差し出して介助する

h002

カットの準備をして

h003

ヘアーキャッチャーがお客様の肩幅からずれているのでカットした髪が床に落ちる

そんな時はダッカールを使って紐の部分たすき掛けに絡ませて紐を短くすると良い

h006

クラゼーションボブにカット

h007

カットした髪を殆ど床シートにに落とすことなくカット

h008

h009

このまま袋に入れて持ち帰りお店で処分

h010

「終わりましたよ~ 」と合わせ鏡で仕上がりを見て頂きました 「早いわね~」

「腰に負担がかからない様に早くカットしましたよ」

「20歳はわかくなりましたよ~」と声掛けすると満面の笑みで「また8月の終わりにきてくださいね」

3時半からヘルパーさんが見えてお風呂介助で入浴・洗髪をするそうです

3時少し前に退散いたしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする