• 03-3915-2408
  • 美容室がるぼアキレイ 〒114-0015 東京都北区中里2-4-5

訪問・介護美容に特許取得の楽シャン君

楽シャン君の出番です

東京築地の「美容室上松」の松田氏より楽シャン君のお問い合わせを頂いたのが2週間ほど前でした。 東北大震災に遭われた被災者のボランティアカットにスタッフやお仲間と一緒に行かれたそうです。 下記はブログの抜粋を転記させて頂きました。 早い段階で駆けつけた美容師さんや理容師さんがとりあえずの衛生面や、現状をふまえて ハサミだけを持ち込みCUTした事ももちろんすばらしい事だと思う。 きっと自分もそのタイミングならそうしていたはずだ。。 しかし今のタイミングで必要とされているのは 『CLEAN』や『REFLESH』の意味の『美容』ではなく 本当に心を潤してくれる 『BEAUTY』なのだと思った! おばあちゃん。。 僕たちは『散髪屋さん』ではなく 『美容師さん』なんだよ そのために次回の訪問までにもっともっと『BEAUTY』を届けたいと思った 『美容師さん』であるためにやはり 『カラー』 『パーマ』は必須な仕事だ! 『白髪が気になって、気になって、、、』 『パーマがとれてボリュームが、、、』 そんな声を幾度となく聞かされた。。 という事で、 『上松 東北ボランティア募金~楽しゃん君を買おう!~』を 続きを読む

楽シャン君マンツーマン講習会

楽シャン君マンツーマン講習会を始めてから60人目の受講者が昨日午後1時半から夕刻7時前まで特訓を受けられました。 来店して早々楽シャン君を体験 理想的な座り位置を覚えてもらいます。 一番大事なことはボールの位置と盆の窪の関係 ごく自然な姿勢で負担なくお流しができる事 ご高齢や身体に障害がある方は同じ姿勢で居る事がストレスになります。 目安は3~4分で少し動かして差し上げることを心がけています。 理美容室の洗髪を細かく分析すると同一姿勢の時間が8分くらい続きます。腰や背中が弱っているとなおさらです。 ヘッドスパ・マッサージシャンプー・お流し(プレーンリンス)と3施術に分けて行い負担を軽くしています。 受講された方からのメールの一部抜粋です 「昨日の講習も、とても実践的で有意義でした。 これからも練習と経験が必要ですが一歩一歩トライして行きたいと思っています。」

[なまずクラブ]の活動が 最終章を迎えました!

こんにちは。川野です。 先日 独自のボランティア団体、自称「なまずクラブ」の活動が 最終章を迎えました! 今回は宮城県にある女川です。 呼びかけで賛同してくださった美容師8人が月曜の深夜にホヌヘアーに集合。 今回もシャンプーをさせていただくということでポリタンクにお湯を入れて出発しました。 真夜中の変なテンションで車中は寝ように寝られず・・ (まぁ結局は寝ましたが) 朝方女川に到着しました。 冠水しているとニュースなどで知ってはいましたが衝撃的な光景でした。 道を変更せざるをえない状況で冠水していく道をただ眺めることしか出来ませんでした。 朝方だった為バスが多く、学生がたくさん乗っていました。 どうやら学校まで送迎を行っているようで(*^^) 制服姿の集団の中には私服の子も。 制服が無くなってしまったのかなと心配になりました。 今回のカットの光景ですがシャッターチャンスを逃がしアップできませんでした(;~;) 明日あさっての奈津子さん、店長のブログに載ることをねがいます! 今回も楽シャン君大活躍です!

震災避難所 福島ボランティア活動の報告

神奈川県の美容室ホヌーさんのブログを転記させていただきました。 こんにちは、店長です!! 先日福島の避難所に行った時の記事が朝日新聞の福島版と藤沢市の広報紙に掲載されました。 その記事に対しての反響があり、いろいろな業種の方、一般の読者の方々からのご意見をたくさん頂いたそうです。 特にいろいろな業種の方々から一緒に参加して自分達のできることをしたいという申し入れがあり、本当にこの活動をしてきて良かったと思いました。 また、このボランティア活動をしていて、逆に被災地の方達の迷惑になっていないか?という迷いもありましたが、髪の毛を切っている最中や、切った後で話を聞いたりしていると、やはり来てよかったと思いますし、被災された方達から反対に元気をもらってしまい本当に皆さん強いなと感じてしまいます。 そういう方達が元気になるまでは何とか力になりたいと思いますし、とにかく早く復興されること常に祈ります。 今回この企画を地震直後から活動してきたスカイフラワーの川部さんやケンジルーデンスの小野くん、そしてこの企画にお店は違えど賛同し参加してくれた美容師さんにお礼を申し上げます。 また、この企画で被災地 続きを読む

美容のプロのボランティア

美容のプロのボランティア 定休日に被災地・福島へ ひとりひとりの心に寄り添う 避難所で活動する藤沢の美容師有志 髪を切りながら耳を傾ける (写真上・川部智文さん) ひとりひとりと向き合う「この仕事をやっててよかった」 このとき楽シャン君も皆さんのお役に立ったそうです。 藤沢市広報 2011年5月25日号 広報ふじさわ…市民の広場より転記 http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kouhou/khf110525/hiroba01.html

福岡から上京して40年 昼食が楽しみ!!(笑)

九州の福岡から上京して今年で40年 11回の引越しをしましたがその全てが3キロ圏内、住めば都といいますが豊島区・北区・文京区の区界の中里と言う所です。 現在の美容室がるぼアキレイから徒歩1分で豊島区のはずれの駒込駅があり、お年寄りの原宿といわれる巣鴨駅の隣になります。 駅の側に六義園があります五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。すばらしい公園に現在はなっており春の季節には大勢の方が来園します。 昼食の話に戻ります(笑) 12時30分迄で午前中の終了です。この時刻にお客様がいなければ午後3時までが昼食時間になります。 12時40~45分ごろ決まってお誘いの電話が掛かってきます。 1週間のうち5日は仲間と昼食をとっています。 中華料理 徒歩2分の寅蔵の昼食風景 お昼のメニュー 北京料理を提供してくれる中国の方 食事は皆と食べると話も弾み いつも美味しく頂いています 明日は何を頂けるるのでしょう ニュー楽シャン君及び楽ラク訪問チェアーをクレジットカー 続きを読む

避難所施設でのシャンプー

東日本震災に遭われた方々のためにボランティア活動をされている美容師さんたちの活躍模様のブログを転記させて頂きました。 神奈川県横浜の美容室でアシスタントをされている川野さんです。 避難所ではお湯の確保が困難なため横浜から車で200リットルの熱いお湯を運びシャンプーのお流しに使用したそうです。皆さんお疲れ様でした。 川野さんのブログから 今回 行かせていただいた場所は福島で最大級の避難所「ビックパレットふくしま」です。 仮設住宅が出来はじめ 避難所が減ってきている今でも、約1000人の方々がまだここで避難生活を送っていらっしゃいます。 ここはとても広い施設です。ガラス張りの廊下にブルーシートを敷いて・・ オープンなスペースではありますが、即席美容室開始です! 準備ができるとすぐ満席状態!! 何が始まったんだ!?と見にこられた方も 「じゃぁ私もカット♪」とどんどん増えていきました。 中には「一週間前に切ったけど切ってもらいたいわ」って方も。 最初は緊張気味の方もカットが終わると表情が和らぎ、みなさん嬉しそうでした。 今回は秘密兵器 「楽シャン君」でシャンプーが可能になりました! 今までカッ 続きを読む

在宅訪問美容 米寿の祝いの前に・・・・

2度目の訪問依頼を頂き何時もの様に90ccのジョーカーに楽シャン君一式を準備して 今月末に米寿を迎え、離れて暮らす親族がお祝いをしてくれるのでせっかくだからパーマを掛けておきたいとのこと。 お客様は腰を悪くして外出時はヘルパーさんのお世話になるほどですが一人で生活をして居られるそうです。 リビングの椅子をずらして2畳ほどのスペースを確保し 訪問美容用に改良したリクライニングチェアーを設置して準備OK テレビを見ながらゆったりパーマをかけました ロットオフ後はその場でスタンドシャンプー(流れ落ちないシャンプーを使用) 16㍑のお湯を準備し楽シャン君でお流し カットの際に髪が落ちないようにケープを使用 カット後フィンガーブローで お客様が普段の手入れが簡単なように 準備からお仕上げまで1時間20分でした。 笑顔を頂き家路に ニュー楽シャン君及び楽ラク訪問チェアーをクレジットカードでの購入をお考えの方参考に150801